第9回「生物数学の理論とその応用」

Theory of Biomathematics and Its Applications IX

2013/01/28 追加(講究録見本)
2012/11/07 懇親会の案内
2012/10/26 講演要旨集公開
2012/10/09 プログラム公開
2012/09/20 加筆修正(ミニシンポジウム)
2012/08/11 作成



全日程を無事盛会の内に終了しました.参加者,講演者の皆様にお礼を申し上げます.




【講究録】本研究集会での研究発表は,数理解析研究所講究録として刊行します.
提出締切日:平成25年3月31日(日)
提出方法,提出先:pdf形式の原稿ファイルを電子メールに添付して, 佐藤(sato"@"sys.eng.shizuoka.ac.jp)まで送付.
(ファイル容量などの問題で電子メール添付による提出が難しい場合は別途ご相談ください)
書式:A4版 和文書式サンプル.pdf  和文書式サンプル.tex  英文書式サンプル.pdf  英文書式サンプル.tex 
(厳格な様式はありませんが,数理解析研究所からの原稿作成上の注意のうち,ページマージンサイズは厳守をお願いします) 


プログラム(日本語) / PROGRAM (English)

講演要旨集

15日(木)の夕方に懇親会を行います.
参加される方は佐藤(sato @ sys.eng.shizuoka.ac.jp)までお知らせください.

一般講演の申込は締切りました

今年度も京都大学数理解析研究所の共同利用研究集会を開催します.この集会には日本数理生物学会の後援も受けています.

================================
第9回「生物数学の理論とその応用」
Theory of Biomathematics and Its Applications IX
2012年11月13日(火)~11月16日(金)
京都大学数理解析研究所 420号室
研究代表者   佐藤一憲 (静岡大学)
http://www.sys.eng.shizuoka.ac.jp/~sato/TBMA9th.html
================================

【研究集会の趣旨】

・今年度で9回目を迎える本研究集会は,生態学,疫学,生命科学などの「生物」に関連した分野の様々な数理的諸問題について,力学系や非線形解析による数学的研究と,数理モデリングや数値シミュレーションの手法を用いた研究の発展と融合を目指し,研究交流・討論を行ないます.
・生物現象の解析のための基礎理論や応用理論について,様々な分野の研究者が交流し意見を交換することによって,新しい研究の展開や,現象に対する理解がより深まることを期待しています.
・生物学の問題に対して数理モデルからのアプローチを考えている方, 数学的手法の生物学への応用可能性を考えている方など,多数の方の参加を歓迎します.

【参加・講演の申込について】

参加費無料.このページの下にある申し込みフォーマットにしたがってお申し込みください.

【特別講演とミニシンポジウム】

●特別講演: 重定南奈子 氏(科学技術振興機構)

●ミニシンポジウム(1):

 「生態学における空間構造の果たす役割」 
  講演者: 難波利幸 氏(大阪府大),島谷健一郎 氏(統数研),時田恵一郎 氏(阪大),守田智 氏(静大),箱山洋 氏(中央水研),佐竹暁子 氏(北大)
  オーガナイザー: 佐藤一憲(静大)

●ミニシンポジウム(2):

 「リアプノフの方法とその応用」  
  講演者: 梶原毅 氏(岡大),佐々木徹 氏(岡大),江夏洋一 氏(早大),國谷紀良 氏(東大)
  オーガナイザー: 梶原毅 氏(岡大)

【一般講演の募集】

一般講演を募集しますので,このページの下にある申し込みフォーマットに記入の上,指定の送り先にお送りください.

●ホームページに研究集会のプログラムを掲載する予定です.ご講演いただく場合には,講演者氏名,所属,講演題目について英語表記も併記してくださるようにお願いします.

●アブストラクトについて

アブストラクト集をWEB上で公開いたしますので,講演される方は A4で1ページのアブストラクトをPDFファイルで お送りください.見本フォーマット(MS-word)はこちらをご利用ください.

●送り先(E-mail): 佐藤一憲 (sato @ sys.eng.shizuoka.ac.jp)

 E-mailの件名(Subject)は,「第9回TBMA参加講演申込み」および「第9回TBMAアブストラクト」としてください.

●一般講演の申込締切:9月30日() (締め切りました)

●アブストラクトの締切:10月14日() 

【ミニシンポジウムの募集】

あるテーマに沿った複数の講演者によるミニシンポジウムを募集します.応募される方は,ミニシンポジウム全体のタイトル (英語も併記)と講演者一覧をお送りください.

●ミニシンポジウムの申込締切:8月31日() (締め切りました)

ミニシンポジウムの各講演者の参加申し込みにつきましては,上記の一般講演の募集の項に準じてお申し込み下さい.

【講究録】 研究発表は数理解析研究所講究録として刊行いたします.

【集会の場所について】

京都大学数理解析研究所の420号室で開催します.会場までのアクセスは数理解析研究所のホームページを御覧ください.研究会期間中は行楽シーズンですので, ホテルは混雑が予想されます.お早めに宿を確保することをお勧めします

【旅費の援助について】講演を希望する学生を中心に旅費の一部を援助します (会計監査の都合上,旅費の支給は銀行振込みになります). ただし,予算には限りがあります.ご希望に沿えないこともありますのでご了承ください.

申し込みフォーマット

 -------------------------------------------------------------------
        数理解析研研究集会 参加・講演申込み

(1)氏名:

      所属(大学・学部・学科または研究室等):

      職名等(大学院学生はDとMの別と学年):

      連絡先(メールアドレスまたは電話番号):

      所属先以外へ連絡を希望される方,大学以外の研究機関に所属する方は,
      下記も記入してください.
      連絡先住所:
   〃 TEL:

(2)講演希望: 有・無
     (ミニシンポジウムの講演の場合にはその旨を明記してください)

      講演者氏名:
      英語表記:
      所属(大学・部局):
      英語表記:

      講演題目:
      英語表記:

      講演日についての希望(特に強く希望されるときのみ):

   一般講演の講演時間は20分を考えています.ただし,講演数によって変わる可能性があることをご了承ください.

  (注意)すべての講演者に液晶プロジェクタの利用をお願いします(OHPは使えません)
   また,数式や文字については見やすいように大きめのフォントをご使用することをお願いします

(3)旅費援助の希望: 希望する・希望しない
,
      旅費援助を希望する方は下記も記入してください.
      連絡先住所:
   〃 TEL:


(4)その他(連絡事項,要望,意見等)


------------------------------------------------------------------------